宮良長包(読み)みやら ちょうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮良長包 みやら-ちょうほう

1883-1939 大正-昭和時代前期の作曲家。
明治16年3月18日生まれ。郷里沖縄の小学校や師範学校の教師をつとめる。「赤い鳥」の童謡運動に影響をうけ,作曲活動にとりくむ。琉球旋法をつかった郷土色ゆたかな曲で注目された。昭和14年6月2日死去。57歳。沖縄師範卒。作品に「鳩間節」「なんた浜」「汗水節」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮良長包の関連情報