コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩間節 はとまぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳩間節
はとまぶし

琉球語としては hatuma…と発音。歌い出しから,「鳩間中森」ともいう。八重山地域の鳩間島に伝わる民謡で,広く愛唱される。島の中森と称する山から見た周囲の景色や収穫のことを歌ったもの。原曲は鳩間島のユンタであったが,アンガマの余興などになったものが伝わり,三線の早弾きなどによって歌われる。沖縄本島では,四つ竹を持つ雑踊 (ぞうおどり) がつくが,明治の俳優伊良波尹吉が改作したもので,軽快ではなやかな歌と踊りとして一般に広まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鳩間節(はとぅまぶし)

沖縄県八重山群島の民謡。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はとまぶし【鳩間節】

沖縄県の民謡。もと八重山地方鳩間島のゆんた。沖縄本島では、大正時代に伊良波尹吉いらはいんきちが振り付けた踊り付きで、舞台で演じられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳩間節の関連情報