宮薗千波(読み)みやぞの せんなみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千波 みやぞの-せんなみ

1919-2002 昭和-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
大正8年2月13日生まれ。邦楽素養をもとに,4代宮薗千寿の指導をうける。昭和38年初舞台をふみ,のち宮薗節三味線の第一人者と目された。平成10年人間国宝。平成14年5月24日死去。83歳。神奈川県出身。本名は藤井文子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android