宮野荘(読み)みやののしょう

世界大百科事典 第2版の解説

みやののしょう【宮野荘】

周防国吉敷郡(現,山口県山口市宮野)の荘園。元来周防三宮仁壁神社神前の地で公領に属した。鎌倉時代初期の東大寺再建にあたり,周防国は造営料国となり,公領は大勧進職俊乗坊重源の支配下に入った。重源は彼を補佐した宋人陳和卿(ちんなけい)に当地を給し,さらに陳和卿より1195年(建久6)東大寺に寄進されるに及び,重源は朝廷に申請して当地を寺領宮野荘として立券した。当荘は田畠118町5段,荒野53町5段,計172町,在家31宇の規模をもち,所当年貢米105石5斗と二ヶ日饗膳料は4月以前に寺納され,五十口学生供衆の講経供料に配分された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android