コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮野荘 みやののしょう

世界大百科事典 第2版の解説

みやののしょう【宮野荘】

周防国吉敷郡(現,山口県山口市宮野)の荘園。元来周防三宮仁壁神社神前の地で公領に属した。鎌倉時代初期の東大寺再建にあたり,周防国は造営料国となり,公領は大勧進職俊乗坊重源の支配下に入った。重源は彼を補佐した宋人陳和卿(ちんなけい)に当地を給し,さらに陳和卿より1195年(建久6)東大寺に寄進されるに及び,重源は朝廷に申請して当地を寺領宮野荘として立券した。当荘は田畠118町5段,荒野53町5段,計172町,在家31宇の規模をもち,所当年貢米105石5斗と二ヶ日饗膳料は4月以前に寺納され,五十口学生供衆の講経供料に配分された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android