コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家仁親王 やかひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家仁親王 やかひとしんのう

1703-1768* 江戸時代中期,文仁(あやひと)親王の第1王子。
元禄(げんろく)16年4月1日生まれ。東山天皇の猶子(ゆうし)となり,宝永6年親王となった。世襲親王家のひとつ桂宮(かつらのみや)家の7代にあたるが,父の文仁親王から3代の間は京極宮とよばれた。明和4年12月6日死去。65歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

家仁親王の関連キーワード知恩院宮尊峯法親王尊快入道親王橋本登代子尊映法親王豊子女王

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android