コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文仁親王 あやひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文仁親王 あやひとしんのう

1680-1711 江戸時代前期-中期,霊元天皇の皇子。
延宝8年8月16日生まれ。母は敬法門院藤原宗子。幸仁(ゆきひと)親王(有栖川宮(ありすがわのみや))の養子となる。尚仁(なおひと)親王の後継とされていた弟作宮(さくのみや)(常磐井宮(ときわいのみや))が死去したため,元禄(げんろく)8年その跡をつぎ,9年京極宮と改称,翌年親王となった。桂宮家6代。宝永8年3月6日死去。32歳。幼称は富貴宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

文仁親王の関連キーワード浮世草子徳川家綱徳川家綱榎本弥左衛門覚書桃青門弟独吟二十歌仙難波鉦徳川家綱カメロンリーリー句合

文仁親王の関連情報