家書万金に抵る(読み)かしょばんきんにあたる

大辞林 第三版の解説

かしょばんきんにあたる【家書万金に抵る】

杜甫春望
旅先で受け取る家族からの手紙は万金の値うちがあるほど貴重である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android