コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家書万金に抵る かしょばんきんにあたる

大辞林 第三版の解説

かしょばんきんにあたる【家書万金に抵る】

〔杜甫「春望」〕
旅先で受け取る家族からの手紙は万金の値うちがあるほど貴重である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家書万金に抵るの関連キーワード家書旅先杜甫万金春望

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android