コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家父長権論 かふちょうけんろんPatriarcha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家父長権論
かふちょうけんろん
Patriarcha

イギリスの政治思想家,S.R.フィルマー著。 1680年刊。この著書で彼は,王権神授説による絶対君主を正統化するとともに,国家は家族の集合体であるとする家族国家観に基づく正統化の論拠を提示した。それによると最小単位である家族において家長 (父親) の権力が絶対であるのと同様に,それらの集積体である国家においても君主の権力は父親のそれと同じく絶対であるとされる。この原理はその後,社会契約論の批判対象とされ,J.ロックによって完全に論駁された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家父長権論の関連キーワードイギリス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android