コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家蔵 イエクラ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐くら〔いへ‐〕【家蔵】

《家とから》財産身代

か‐ぞう〔‐ザウ〕【家蔵】

[名](スル)家のものとして所有していること。また、その物。「家蔵の絵を出品する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いえくら【家蔵】

〔家と蔵の意〕
財産。

かぞう【家蔵】

( 名 ) スル
自分の家のものとして所有すること。また、その品。 「 -の書」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家蔵の関連キーワード福島県喜多方市一丁目韓国国立中央博物館彦根屏風・彦根屛風秋田藩採集古文書三十六歌仙絵巻顧氏文房小説山田文右衛門中本 たか子太地角右衛門京本通俗小説枕草子絵巻日本大文典十二類絵巻平出 久雄後藤藤四郎園田 湖城古来風体抄赤沢 乾一土佐光則大森宗勲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家蔵の関連情報