コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容斎随筆 ようさいずいひつRóng zhāi suí bǐ

世界大百科事典 第2版の解説

ようさいずいひつ【容斎随筆 Róng zhāi suí bǐ】

中国,南宋の洪邁(こうまい)(1123‐1202)撰の随筆集。〈随筆〉から〈五筆〉まであわせて5集74巻からなる。撰者が日ごろ読書して得た知見をそのつど筆記し,それがたまると一書にまとめていったものが本書である。内容は歴史,文学,哲学,芸術など多方面にわたるが,なかでも前代および宋代の歴史事実や政治・社会経済制度に関する考証,歴史人物に対する評論などに詳しい。宋代の代表的な随筆の一つである。【竺沙 雅章】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

容斎随筆の関連キーワード阿骨打崇徳天皇阿骨打アクダ宗教会議崇徳天皇国立大学法人と運営費交付金崇徳天皇鳥羽天皇源義朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android