宿罪(読み)シュクザイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく‐ざい【宿罪】

〘名〙
仏語前世に犯した罪。過去の罪過
※源平盛衰記(14C前)九「南無懺悔、至心懺悔、六根罪障と、宿罪(シュクザイ)を悔い」 〔呉志注引魏略‐孫権伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android