コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂室了光 じゃくしつ りょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂室了光 じゃくしつ-りょうこう

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。はじめ加賀(石川県)大乗寺瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に,のち紹瑾の弟子の浄住寺の無涯智洪(むがい-ちこう)にまなび,その法をつぐ。浄住寺の住持となり,ついで能登(のと)(石川県)永光寺にうつった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂室了光の関連キーワード南北朝時代中庭宗可了光曹洞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android