コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永光寺 ヨウコウジ

2件 の用語解説(永光寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようこう‐じ〔ヤウクワウ‐〕【永光寺】

石川県羽咋(はくい)市にある曹洞宗の寺。山号は、洞谷山。鎌倉末期、瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)の創建。五老峰伝灯院は、道元など曹洞宗の祖師の語録などを安置したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

永光寺【ようこうじ】

石川県羽咋(はくい)市にある曹洞宗の寺。本尊釈迦如来。羽咋郡の地頭酒匂頼親(さこうよりちか)の娘祖忍(そにん)が瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)に帰依し,紹瑾を開山として草創。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の永光寺の言及

【紹瑾】より

…のち北陸に帰り,加賀大乗寺の徹通義介(てつつうぎかい)の弟子となり,修行を重ねた。その後,阿波城満寺や加賀浄住寺を開き,1313年(正和2)には能登羽咋郡酒井保の地頭滋野(しげの)信直・祖忍尼夫妻の援助をえて永光寺(ようこうじ),21年(元亨1)には定賢律師の帰依により同国櫛比荘に総持寺(1907年に横浜市鶴見に移転)を開山している。紹瑾は宗祖道元が否定的であった密教的な要素を取り入れ,祈禱を行い,武士や民衆の要求にこたえうる禅風を打ち出し,明峰素哲(めいほうそてつ),峨山韶碩(がさんじようせき)(総持寺2世)などの弟子を養育して同宗発展の基礎を築いた。…

※「永光寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永光寺の関連情報