コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄せ棟 よせむね

1件 の用語解説(寄せ棟の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

よせむね【寄せ棟】

日本建築で、大棟(おおむね)(頂上の水平部分)の両端からそれぞれ2つの降(くだ)り棟(軒(のき)に向かって下降する棟)が付き、建物の4方向に斜面を持つ屋根の形式。大棟に垂直な方向には台形、大棟の両端から軸方向には二等辺三角形の斜面をふきおろす。奈良の東大寺大仏殿などが代表的で、日本建築では切り妻と並んで一般的に用いる。◇「寄せ棟造り」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄せ棟の関連キーワード大棟寄棟造障泥板大棟門大旨鳥衾本建築おおむた切り妻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寄せ棟の関連情報