寄せ棟(読み)よせむね

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

よせむね【寄せ棟】

日本建築で、大棟(おおむね)(頂上の水平部分)の両端からそれぞれ2つの降(くだ)り棟(軒(のき)に向かって下降する棟)が付き、建物の4方向に斜面を持つ屋根の形式。大棟に垂直な方向には台形、大棟の両端から軸方向には二等辺三角形の斜面をふきおろす。奈良の東大寺大仏殿などが代表的で、日本建築では切り妻と並んで一般的に用いる。◇「寄せ棟造り」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄せ棟の関連情報