コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄居かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

寄居かぶ

新潟県新潟市中央区寄居町で生産されるカブ早生の中カブで、形状はやや扁平、肉質はなめらか。300年ほど昔に近江から伝来したとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

寄居かぶ[根菜・土物類]
よりいかぶ

北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
主に新潟市寄居地区で生産されている。江戸時代北前船で関西系の品種が導入されたなかから、土地の風土に合ったものが栽培されたと考えられる。純白で肉質はやわらかく、甘みと風味に富む。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

寄居かぶの関連キーワード新潟県新潟市中央区寄居町

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android