コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄席芸 よせげい

1件 の用語解説(寄席芸の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

寄席芸

「寄席」とは、落語・講談・浪曲・義太夫・手品・音曲などの大衆芸能を興行する娯楽場の事を指し、 江戸時代の寛政年間(1789- 1801)にできたものと言われています。「寄席芸」は、日本古来から続いているものや、大陸から伝わったものが発展・融合ししたものまでその個性は豊かです。大衆芸能として、郷土芸能として、その性質は様々ですが、人々の娯楽として現在に至るまで人々の心を楽しませています。日本文化いろは事典では、演芸・寄席芸を 「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」演目など、という内容でご紹介しています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄席芸の関連キーワード色物娘義太夫寄席席亭浪曲浪花節(なにわぶし)女義太夫義太夫語り義太夫狂言義太夫本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寄席芸の関連情報