寄席芸(読み)よせげい

日本文化いろは事典の解説

寄席芸

「寄席」とは、落語・講談・浪曲・義太夫・手品・音曲などの大衆芸能を興行する娯楽場の事を指し、 江戸時代の寛政年間(1789- 1801)にできたものと言われています。「寄席芸」は、日本古来から続いているものや、大陸から伝わったものが発展・融合ししたものまでその個性は豊かです。大衆芸能として、郷土芸能として、その性質は様々ですが、人々の娯楽として現在に至るまで人々の心を楽しませています。日本文化いろは事典では、演芸・寄席芸を 「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」演目など、という内容でご紹介しています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android