コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆芸能 たいしゅうげいのう

1件 の用語解説(大衆芸能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆芸能
たいしゅうげいのう

演芸,寄席芸,大道芸など大衆の娯楽として演じられる芸能の総称。古くからの伝承芸や現代の芸能にいたるまでのさまざまな芸態を含み,演劇,音楽などの芸術ジャンルともかかわるため明確に区別しがたいが,一般に落語,講談,漫才,漫談,浪曲,曲芸,奇術,サーカス,大道芸などをさしていう。大衆芸能は庶民の健全なモラルからタブー視されている悪徳,功利,破壊などを表現してみせるところにその本質がある。現在ではテレビを中心とするマスコミの要求に応じうるわずかの技芸や芸人が重視され,テレビの方式や目的に合わない講談や浪曲は衰微の傾向にある。またマスコミの発達による観客の減少も大きな問題である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の大衆芸能の言及

【大衆演芸】より

…一般に,芸にたずさわる人が民衆の前で演じてみせる通俗的な諸芸をさしていう。〈大衆芸能〉の語もほぼ同じ意味で用いられる。大劇場で行われる演劇(いわゆる大衆演劇,商業演劇)とは一応区別して,主として寄席演芸のような大衆性をもつ芸能をいう。…

※「大衆芸能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大衆芸能の関連情報