コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密着焼き みつちやくやき,みっちゃくやき

1件 の用語解説(密着焼きの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

密着焼き

 モノクロフィルムでは、印画紙の上にフィルムを並べ、引伸機で露光して、現像・定着し、36コマが一覧できるプリントを作る。これが密着焼きで、英語から「コンタクト」とも言う。文字どおりフィルムを印画紙に密着(=contact)させて作るからこう呼ばれる。昔は カラーネガフィルム も同じようにして密着焼きを作ったが、現在ではデジタルによるインデックスプリントになっている。密着焼きの長所はルーペピントを確認することができる点である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

密着焼きの関連キーワード版下ポジフィルムマイクロフィッシュマイクロフィルムモノクローム反転フィルムロールフィルムスーパーパンクロミクロフィルター有孔フィルム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密着焼きの関連情報