コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密着焼き みつちやくやき,みっちゃくやき

カメラマン写真用語辞典の解説

密着焼き

 モノクロフィルムでは、印画紙の上にフィルムを並べ、引伸機で露光して、現像・定着し、36コマが一覧できるプリントを作る。これが密着焼きで、英語から「コンタクト」とも言う。文字どおりフィルムを印画紙に密着(=contact)させて作るからこう呼ばれる。昔は カラーネガフィルム も同じようにして密着焼きを作ったが、現在ではデジタルによるインデックスプリントになっている。密着焼きの長所はルーペでピントを確認することができる点である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

密着焼きの関連キーワードコンタクトプリントガスライト紙焼枠

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android