コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密集法 ミッシュウホウ

1件 の用語解説(密集法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みっしゅう‐ほう〔ミツシフハフ〕【密集法】

《「密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律」の略称》密集市街地の防災に関する機能の確保と、土地の合理的かつ健全な利用を図ることを目的とした法律。老朽化した木造建築の密集した地区に対して、街区の整備・建物の建て替え・取り壊しなどに関する勧告・補助などを制度化し地区の防災力を高める。平成9年(1997)施行。密集市街地整備法
[補説]平成7年(1995)の阪神・淡路大震災で、密集市街地に大火災が発生したことにより制定された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone