コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富家五十鈴 とみいえ いすず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富家五十鈴 とみいえ-いすず

1806-1865 江戸時代後期の書家。
文化3年1月14日生まれ。代々讃岐(さぬき)林田村(香川県坂出市)総社神社の神職国学友安三冬(みふゆ)に,書道を吉田鶴仙(かくせん)にまなぶ。郷校立本社を創立した。慶応元年10月7日死去。60歳。名は高幹。字(あざな)は元貞。号は松浦,松蔭斎。著作に「鳥迹譚(ちょうせきだん)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富家五十鈴の関連キーワード富家松浦書家