コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田鶴仙 よしだ かくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田鶴仙 よしだ-かくせん

?-1856 江戸時代後期の儒者。
古賀精里にまなび,讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩につかえ藩校敬止堂助教となる。詩や書にすぐれ,日柳燕石(くさなぎ-えんせき)と親交があった。門下河野鉄兜(てっと)がいる。安政3年死去。本姓は秦。名は亮。字(あざな)は其淵。通称は駒助。別号に真逸,鶴真逸。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田鶴仙の関連キーワード富家五十鈴河野秀埜古賀精里儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android