コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友安三冬 ともやす みふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友安三冬 ともやす-みふゆ

1788-1862 江戸時代後期の国学者。
天明8年生まれ。高松の菊池高洲漢学を,備中(びっちゅう)(岡山県)の藤井高尚(たかなお)に国学をまなぶ。文政7年高松藩主松平頼恕(よりひろ)の侍講となった。文久2年10月10日死去。75歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。初名は盛彬。字(あざな)は子文。通称は良介。号は楢舎(ならのや)。著作に「日日草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

友安三冬の関連キーワード富家五十鈴猪熊 夏樹友安盛敏猪熊夏樹友安良介富山定功吉成好信中川黙堂吉田蕃教中村尚輔国学者松岡調

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android