友安三冬(読み)ともやす みふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友安三冬 ともやす-みふゆ

1788-1862 江戸時代後期の国学者。
天明8年生まれ。高松の菊池高洲漢学を,備中(びっちゅう)(岡山県)の藤井高尚(たかなお)に国学をまなぶ。文政7年高松藩主松平頼恕(よりひろ)の侍講となった。文久2年10月10日死去。75歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。初名は盛彬。字(あざな)は子文。通称は良介。号は楢舎(ならのや)。著作に「日日草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android