コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富小路明子 とみのこうじ てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富小路明子 とみのこうじ-てるこ

?-1828 江戸時代後期の女官。
富小路貞直(さだなお)の娘。光格(こうかく)天皇につかえて掌侍(ないしのじょう)となり,右衛門掌侍,ついで小侍従局(こじじゅうのつぼね)と称した。蓁子(もりこ)内親王ほかふたりの皇女を生んだ。文政11年8月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富小路明子の関連キーワードツンベリースティロライトアディノールワイマールシャカシュレーゲル(兄弟)ズールー王国リバランス政策投票時間繰り上げ狩野芳崖