コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小侍従局 こじじゅうのつぼね

2件 の用語解説(小侍従局の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小侍従局 こじじゅうのつぼね

1529-1572 戦国時代,毛利隆元(たかもと)の妻。
享禄(きょうろく)2年生まれ。内藤興盛(おきもり)の娘。大内義隆の養女となり,毛利元就(もとなり)の嫡子隆元と結婚。隆元の領国経営をささえ,毛利,大内,内藤の各家間の意思疎通につとめた。天文(てんぶん)22年毛利輝元を生んだ。元亀(げんき)3年死去。44歳。尾崎局ともいう。法名は妙寿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小侍従局

生年:生没年不詳
安芸(広島県)の戦国大名毛利隆元(元就の子)の妻。尾崎局とも。内藤氏の娘。大内義隆の養女となり,隆元と婚姻。天文19(1550)年,元就は重臣井上一族の罪状16カ条を数えあげて討滅に持ち込み,一挙に領国支配体制を確立するが,そのときの罪状書は尾崎局に宛てたものであった。それは,井上氏征討の正当性を毛利家中はもちろん,大内家や内藤家にまで申し渡すためであったと考えられる。また彼女は内藤家家臣勝間田元信の跡目について,その弟の相続を承認する文書を残している。すでに生家は弟内藤隆春の代になっていたが,夫隆元の死後,法名妙寿の名で生家の家臣の跡目相続にまで関与していたことがわかる。<参考文献>『毛利家文書

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小侍従局の関連キーワード粟屋元秀毛利隆元毛利氏安芸高田渡辺通香川行景桂広澄熊谷高直二宮春久妙玖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone