コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山新港 とやましんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山新港
とやましんこう

放生津潟」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の富山新港の言及

【新湊[市]】より

…大正初期に日本鋼管富山電気製鉄所,昭和10年代に日本高周波鋼業が立地し,フェロアロイ(合金鉄)や特殊鋼を製造した。1961年市域中央部の放生津潟を利用して掘込み式の富山新港をつくり,周辺に工業用地を造成して県の重化学工業化の拠点とする大事業が始められた。港は68年に開港し,86年には伏木富山港が重要港湾に指定された。…

【富山[県]】より

…近代工業のうち,鉄鋼(合金鉄),化学,機械,紙・パルプなどの重化学工業部門は,伏木・富山両港の背後地に展開して高岡北部工業地域および富山北部工業地域を形成し,繊維工業を中心とする軽工業部門は小矢部市,砺波市などに立地して内陸工業地域を形成していった。さらに新湊市の放生津(ほうじようづ)潟を利用した掘込み式人工港湾で日本海側有数の規模を誇る富山新港が完成(1968)し,既存の伏木港,富山港(旧,東岩瀬港)と合わせ伏木富山港として重要港湾に指定された。アルミ関連企業,木材関連企業を中心とする富山・高岡新産業都市が建設されて非鉄金属,金属製品,木製品の比重が高まった。…

※「富山新港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富山新港の関連情報