コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏木 ふしき

8件 の用語解説(伏木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏木
ふしき

富山県北西部,高岡市小矢部川河口左岸の地区。県内で最も早く開けたところで,国府,国分寺,一宮などがおかれ,大伴家持が越中国守として滞在したことがある。江戸時代から小矢部川の舟運を背景に港町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふしき【伏木】

富山県高岡市の地名。富山湾に面し、小矢部川河口にある港町。もと越中国府の地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伏木【ふしき】

富山県高岡市の富山湾に臨む地区。富山港とともに重要港湾に指定されている小矢部川河口の伏木港を中心とし,化学,パルプ,金属などの大工場があり富山高岡新産業都市の一中心をなす。
→関連項目放生津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふしき【伏木】

富山県高岡市,富山湾岸の一地区。小矢部川の河口左岸に発達した旧射水(いみず)郡の港町。古代には越中国府に近く,曰理(わたり)駅,曰理湊もこのあたりと考えられるが,地名の初出は1580年(天正8)。1615年(元和1)に加賀藩より佐渡商売船13艘の許可を受けた。56年(明暦2)の〈村御印(むらごいん)〉によると定小物成として網役,唐網役,猟船櫂役(かいやく),外海船櫂役などが課されており,漁業が中心であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふしき【伏木】

富山県高岡市、小矢部川河口にある港町。高岡工業地区を控え、伏木港は日本海側の重要港の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕伏木(ふしき)


富山県高岡(たかおか)市北部の港湾地区。小矢部(おやべ)川河口左岸に位置する。伏木富山港の一角を占め、製紙・建材・化学などの工場や石油基地がある。江戸時代は越中(えっちゅう)米の積み出し港となり、越中の代表的な港町として繁栄。1899年(明治32)開港場に指定された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伏木
ふしき

富山県北西部、高岡市の一地区。旧伏木町。小矢部(おやべ)川河口にあり、富山湾に面す。奈良時代は越中国衙(えっちゅうこくが)、国分寺が置かれ、越中守(えっちゅうのかみ)大伴家持(おおとものやかもち)在住の地。勝興寺、気多(けた)神社がある。江戸時代は越中米の積出し港で神通川の河西七浦のうちもっとも栄えた。1899年(明治32)に開港場に指定され、高岡の外港として発展した。現在輸入材の取扱い量が多い。磯町(いそまち)には石油基地があり、小矢部川左岸には工場が多い。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伏木の言及

【高岡[市]】より

…早くから開け,東大寺の荘園であったことが《正倉院文書》に記録されている。小矢部(おやべ)川河口の伏木には越中国府,国分寺が置かれた。江戸初期この地に築城した前田利長が砺波(となみ)郡西部金屋(にしぶかなや)村から招いた7人の鋳物師(いもじ)によって始められた鋳物製造は,高岡が銅器,梵鐘,なべ,かまなど金属製品の製造によって繁栄する基礎となった。…

※「伏木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏木の関連キーワード富山県高岡市内島富山県小矢部市小矢部富山県高岡市古城富山県高岡市関富山県高岡市滝富山県高岡市辻富山県高岡市角富山県高岡市中川富山県高岡市福岡町矢部富山県高岡市二上

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伏木の関連情報