富樫広蔭(読み)トガシヒロカゲ

精選版 日本国語大辞典の解説

とがし‐ひろかげ【富樫広蔭】

江戸末期の国語学者。号は言幸舎(ことさちのや)。和歌山の人。本居大平・春庭の門に入って学ぶ。国語の品詞論において卓越した業績を遺す。著「辞玉襷(てにをはたまだすき)」「詞玉橋」など。寛政五~明治六年(一七九三‐一八七三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の富樫広蔭の言及

【音義説】より

…しかし,前提に誤りの存することを認めず,いたずらにかってな解釈をおし進めたので,それは江戸時代の後期,単に一部の国学者によって熱心に唱えられただけで終わった。この立場の最も徹底した代表者は,富樫(とがし)広蔭と堀秀成である。秀成はその学問的生涯を音義説にささげ,これに関する多くの著述を残した。…

※「富樫広蔭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報