コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼島広蔭 きじま ひろかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼島広蔭 きじま-ひろかげ

1793-1873 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政5年生まれ。本居大平(もとおり-おおひら)・春庭(はるにわ)に師事。はじめ富樫(とがし)姓を名のり,嘉永(かえい)3年伊勢(いせ)桑名の三崎春日社(現桑名神社・中臣(なかとみ)神社)神職鬼島氏をつぎ,のち富樫に復姓。語法の研究をすすめた。明治6年8月24日死去。81歳。紀伊和歌山出身。本姓は井手。号は言幸舎(ことさちのや)。著作に「古事記正伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼島広蔭の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱富樫広蔭富樫広蔭科学史国民皆兵制地租改正レーピンローン