コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼島広蔭 きじま ひろかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼島広蔭 きじま-ひろかげ

1793-1873 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政5年生まれ。本居大平(もとおり-おおひら)・春庭(はるにわ)に師事。はじめ富樫(とがし)姓を名のり,嘉永(かえい)3年伊勢(いせ)桑名の三崎春日社(現桑名神社・中臣(なかとみ)神社)神職鬼島氏をつぎ,のち富樫に復姓。語法の研究をすすめた。明治6年8月24日死去。81歳。紀伊和歌山出身。本姓は井手。号は言幸舎(ことさちのや)。著作に「古事記正伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鬼島広蔭の関連キーワード12月19日川喜田政明三浦 弘夫柏淵静夫柏淵蛙亭三浦弘夫杉井吉従朝岡正章吉川楽平富樫広蔭賀田秀蔭近藤捨子芝原音信田中延香森清子国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android