コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永清蔵 とみなが せいぞう

1件 の用語解説(富永清蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永清蔵 とみなが-せいぞう

1873-1918 明治-大正時代の船長。
明治6年生まれ。29年日本郵船にはいる。日露戦争では御用船船長として活躍。大正4年常陸丸(ひたちまる)船長となり,第一次大戦中の6年9月インド洋を航行中,ドイツ軍艦に攻撃され拿捕(だほ)される。11月日本人乗客・乗員は同軍艦にうつされ,常陸丸は爆沈される。7年ドイツ近海にいたり乗客・乗員の安全を確認し,同年2月7日入水。46歳。山口県出身。東京商船学校卒。旧姓は野村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富永清蔵の関連キーワード榎本武憲岡部覚弥河合弘民関宗喜竹秋居花遊照峰広吉堀河護麿松浦栄壬生基義大正時代美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone