コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永清蔵 とみなが せいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永清蔵 とみなが-せいぞう

1873-1918 明治-大正時代の船長。
明治6年生まれ。29年日本郵船にはいる。日露戦争では御用船船長として活躍。大正4年常陸丸(ひたちまる)船長となり,第一次大戦中の6年9月インド洋を航行中,ドイツ軍艦に攻撃され拿捕(だほ)される。11月日本人乗客・乗員は同軍艦にうつされ,常陸丸は爆沈される。7年ドイツ近海にいたり乗客・乗員の安全を確認し,同年2月7日入水。46歳。山口県出身。東京商船学校卒。旧姓は野村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富永清蔵の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android