コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸丸 ひたちまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常陸丸
ひたちまる

貨客船。 1898年三菱長崎造船所で建造。 6172t。日本郵船がヨーロッパ航路用として発注した国産最初の大型貨客船で,世界に日本の造船能力を示した画期的な船であったが,日露戦争中,玄界灘で撃沈された。 1906年同じ船主,造船所によって第2船 (6716t) が建造されたが,この船も 17年,インド洋でドイツ軍艦によって爆沈された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常陸丸
ひたちまる

日本郵船会社所属の貨客船で、日露戦争において「悲運の常陸丸」として名を残した船。1898年(明治31)8月に三菱(みつびし)長崎造船所で完成した。6172総トン、長さ135.64メートル、主機三連成往復動汽機3847馬力2基、速力14.18ノット、乗客定員1等24人、2等20人、3等116人。当時の国産最大・最高速の汽船として欧州航路に就航していた。1904年(明治37)2月、日露開戦と同時に陸軍御用船となり、兵器・弾薬輸送に従事。イギリス人ジョン・キャンベル船長、輸送指揮官須知中佐のもと、同年6月15日、将兵ら1063人を乗せて中国へ向かう途中、沖ノ島付近においてロシアのリューリック号とロシア号の両艦から砲撃され沈没した。30余人が漁船に救助されたほかは、1000人以上が悲壮な最期を遂げた。これが琵琶歌(びわうた)(池辺義象作『常陸丸』)に歌われ、国民の涙を誘って今日に語り継がれている。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

常陸丸の関連キーワード天光軒 満月(1代目)天光軒 満月(初代)日本科学史(年表)塩田 泰介富永 清蔵池辺義象富永清蔵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸丸の関連情報