コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田洋之 とみた ひろゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田洋之 とみた-ひろゆき

1980- 平成時代の体操選手。
昭和55年11月21日生まれ。洛南高時代に高校選抜,インターハイ,全日本ジュニア選手権の個人総合で優勝。順天堂大にすすみ,平成14年には全日本選手権個人総合で2連覇,NHK杯個人総合で優勝。15年世界選手権個人総合で銅メダル。16年アテネ五輪団体総合(鹿島丈博水鳥寿思・中野大輔・富田洋之・塚原直也米田功)で28年ぶりの金メダルを,個人種目別平行棒でも銀メダルを獲得した。17年世界選手権個人総合で金メダル。18年世界選手権個人総合で銀メダル。20年北京五輪では団体総合銀メダル,個人総合4位,種目別のあん馬5位・鉄棒6位となる。20年引退。21年順天堂大助教。同年日本オリンピック委員会(JOC)専任コーチに就任。大阪府出身。順天堂大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富田洋之の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェル工業薬品工業自動車工業鈴木志郎康

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富田洋之の関連情報