富田牛生(読み)とだ ぎゅうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田牛生 とだ-ぎゅうしょう

とだ-うしお

富田牛生 とだ-うしお

?-? 戦国-織豊時代の槍術(そうじゅつ)家。
越前(えちぜん)(福井県)朝倉氏につかえる。一派をおこして富田流槍術をひらく。門人の中根一雲,打身(うちみ)佐内,佐分利猪之助(さぶり-いのすけ)らはのちそれぞれ一派をひらいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android