コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田知信 とみた とものぶ

2件 の用語解説(富田知信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

富田知信

安土桃山時代の大名。近江生。通称は平右衛門、号は一白・水西。織田信長豊臣秀吉に仕え、従五位下左近将監に任ぜられ、伊勢安濃津五万石城主となる。御伽衆の一人。茶湯を千利休に学ぶ。慶長4年(1599)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

富田知信

没年:慶長4.10.28(1599.12.15)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。通称は平右衛門。名は知信,信広,長家と何度か変えているが,一白の名で知られている。ただし一白が号なのかどうかは不明で,号としてはほかに水西がある。はじめ織田信長,本能寺の変ののち豊臣秀吉に仕え,天正12(1584)年の小牧・長久手の戦では伊勢神戸城の防衛に当たり,また織田信雄との講和交渉において奔走,この功によって秀吉から名馬星崎を与えられた。戦闘よりも外交面で手腕を発揮し,秀吉もその能力を高く買っていたらしい。天正16年には,奥州の伊達政宗に対し上洛を催促したりしており,秀吉の調略担当参謀としての色彩が濃厚であった。同18年,山城・近江・美濃で合わせて2万石余を与えられ,のち,伊勢において加増をうけ,最終的には文禄4(1595)年,伊勢安濃津城主6万石(一説に5万石)となり,最後は秀吉のお咄衆だった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田知信の関連キーワード五辻富仲和久是庵細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門村山平右衛門(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone