コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田重康 とだ しげやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田重康 とだ-しげやす

1602-1643 江戸時代前期の剣術家。
慶長7年生まれ。富田重政(しげまさ)の次男。加賀金沢藩につかえる。兄重家(しげいえ)が早世したため,富田流宗家をついだが,中風のため寛永20年8月22日死去。42歳。こののち富田流は衰退した。通称は右京亮,甲斐,越後。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田重康の関連キーワードルイルイフランス史(年表)本願寺皇太極セーリスセーリス皇太極ニューイングランド連合ミアントノミ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android