コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンタイジ Hontaiji

デジタル大辞泉の解説

ホンタイジ(Hontaiji)

[1592~1643]中国、の第2代皇帝。在位1626~1643。廟号太宗。太祖ヌルハチの第8子。1636年、国号後金から大清と改め、の諸制度を採用するとともに八旗制を立てて国政を整備。また朝鮮・モンゴルを征し、明を圧迫して清朝の基礎を築いた。
[補説]「皇太極」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホンタイジ【皇太極】

1592~1643) 中国、清の第二代皇帝(在位1626~1643)。廟号びようごうは太宗。ヌルハチの第八子。1636年国号を後金から大清に改め、満州・蒙古・漢族の八旗制をたてて国政を整備。朝鮮を従え明を圧迫して、清朝の基礎を築いた。 〔「皇太極」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇太極
こうたいぎょく

中国、清(しん)第2代皇帝皇太極(ホンタイジ)の日本語読み。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホンタイジの関連キーワードヘト・アラ(赫図阿拉)シュルガチ(速児哈赤)ヌルハチ(奴児哈赤)エビルン(遏必隆)ドルゴン(多爾袞)議政王大臣満文老檔満州文字孔有徳順治帝北元

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android