コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙伝抄 せんでんしょう

2件 の用語解説(仙伝抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんでんしょう【仙伝抄】

初期のいけばな伝書。《仙伝書》ともいう。原本は伝わらず,成立年代,編者ともに明らかでない。慶長・元和年間(1596‐1624)から,何種類かの古活字本が,1冊本として刊行され,1643年(寛永20)には整版本も出て,広く流布するようになった。その奥書によれば,三条家の秘本を1445年(文安2)に富阿弥から始めて,7人の受伝者を経て,1536年(天文5)に池坊専慈(専応)が相伝したことになっている。このおよそ90年の間に,だれかが多くの秘伝の条文をまとめたのではないかとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙伝抄
せんでんしょう

初期いけ花の伝書。原本は伝えられず、成立年代、編者とも明らかでない。刊本、1冊。奥書によれば、三条家の秘本を1445年(文安2)に富阿弥(ふあみ)から始めて7人の受伝者を経て1536年(天文5)に池坊(いけのぼう)専慈(専応)が相伝したことになっている。内容は本文と谷川流と奥輝之別紙(おくてるのべっし)の三部からなり、本文は池坊系の秘伝、谷川流は公卿(くぎょう)系のいけ花、奥輝之別紙は将軍家の座敷飾りを伝えるものとされている。初期いけ花の伝書としてその名は広く伝えられ、史料的に疑問を挟む見解もあるが、古典的価置も評価され、江戸時代から現在に至るまでいけ花界に与えている影響は大きい。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の仙伝抄の言及

【いけばな】より

…《蔭涼軒日録》に見るように,立阿弥や台阿弥といった人々,また《碧山日録》に記される連歌師としても著名な池坊専慶,《言国卿(ときくにきよう)記》における山科家の雑掌,大沢久守などは,依頼を受けて花を立てた専門家の代表であるとみてよい。室町期の立花の様相を伝える《仙伝抄》に谷川流と記載のあるのは,公家邸において花を立てた谷川入道某の伝であろうし,これらの人々の活躍によって草創期のいけばなは,立花という法式を備えたいけばなを出現させる。このような立花成立への試行期には,立花よりもより自由な景観描写的ないけばなも存在していたようで,現在最も古い花書ではないかと考えられる《花王以来の花伝書》には,〈岸くづれの花〉や室外の縁に置いたいけばなが見られ,前栽との関連が注目される。…

※「仙伝抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone