富里スイカ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

富里スイカ[果樹類]
とみさとすいか

関東地方、千葉県の地域ブランド。
富里市産のスイカ。1933(昭和8)年頃から栽培が始まった。北総台地の火山灰土壌で、甘いすいかが育てられる。出荷のピークは6月。全国有数の生産量を誇る。2007(平成19)年8月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5069140号。地域団体商標の権利者は、富里市農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富里スイカの関連情報