コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒山竹 カンザンチク

デジタル大辞泉の解説

かんざん‐ちく【寒山竹】

イネ科の植物。高さ約3メートル。枝も葉も上向きにつき、葉は細長く、先がとがる。「寒山拾得」の絵のほうきに似るのでこの名がある。中国の原産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんざんちく【寒山竹】

タケの一種。中国原産。高さ3~5メートルで深緑色。稈の上部で分枝し、枝・葉ともに上向きにつく形を、「寒山拾得」の絵に描かれる箒に見立てて付いた名という。観賞用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒山竹 (カンザンチク)

学名:Pleioblastus hindsii
植物。イネ科の常緑竹,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

寒山竹の関連キーワードタケ