コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒漬(け) カンヅケ

デジタル大辞泉の解説

かん‐づけ【寒漬(け)】

たくあん漬けの一種で、晩秋に漬け込み、寒中から食べるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

寒漬

熊本県、芦北・水俣地方の郷土料理。塩漬けにした大根を寒風にさらし、木槌で叩いて平たく伸ばすことを何度か繰り返し、醤油ベースの漬け汁で漬け込む。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の寒漬(け)の言及

【漬物】より

…ほかに,和歌山の梅干し,印籠(いんろう)漬の一種である三重の養肝(ようかん)漬もよく知られている。(6)中国,四国 山陰では津田カブという島根県の赤カブのぬか漬,鳥取砂丘でできるラッキョウの酢漬,山陽ではヒロシマナをこうじも使って塩漬にする広島菜漬,ダイコンを海水で漬けて干し上げる山口県宇部地方の寒漬などが有名である。四国には愛媛の緋カブラ漬がある。…

※「寒漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寒漬(け)の関連キーワード阿知須

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android