コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寓話詩 ぐうわしFables

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寓話詩
ぐうわし
Fables

フランスの詩人ラ・フォンテーヌ代表作。 12巻 242編。第1集 (1~6巻) 1668年,第2集 (7~11巻) 78~79年,第3集 (12巻) 94年にそれぞれ刊行。さまざまな道徳的教訓を動物に託して美しい詩として物語ったもので,人間性のさまざまな面を例示し,ルイ 14世治下の社会を風刺している。イソップをはじめ,インドの寓話,フランス中世の『狐物語』,民間説話などから題材を得ているが,それらの主題に作者が与えた新解釈や,題材に応じて駆使されている多彩な独創的手法によって,このジャンルでは最も文学的価値の高い作品となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

寓話詩の関連キーワードフェリス・マリア サマニエゴイサーク フェーフェルファーブル(寓話集)ラ・フォンテーヌシー・プラートP. ル・メイアブレーシモフヘムニーツェルクルイローフイズマイロフファエドルスイソップ物語ドイツ文学グランビルナシメントバブリオスフロリアンクルイロフスコボロダサラクルー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android