コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛信 かんじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛信 かんじん

1084-1153 平安時代後期の僧。
応徳元年生まれ。藤原為房の子。厳覚に真言をまなび,灌頂(かんじょう)をうける。三論(さんろん),華厳(けごん)にも精通した。のち勧修寺(かじゅうじ)流をたてる。勧修寺長吏,元興寺(がんごうじ)別当,東寺長者法務,東大寺別当などをつとめた。権(ごんの)大僧都。仁平(にんびょう)3年3月7日死去。70歳。通称は寛信法務,勧修寺法務。著作に「小野類秘鈔」「東寺要集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛信の関連キーワード太陽のない街行海(2)巨勢隆賢狩野融川宇多源氏鷹司輔政小栗寛令狩野良信珍海興然仁済雅宝実運増俊

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛信の関連情報