コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳覚(読み)ごんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厳覚 ごんかく

1056-1121 平安時代中期-後期の僧。
天喜(てんぎ)4年生まれ。源基平の子。園城(おんじょう)寺の行尊(ぎょうそん)の弟。真言宗。京都東寺の信覚から,のち曼荼羅(まんだら)寺の範俊(はんじゅん)から灌頂(かんじょう)をうけ,小野流をきわめる。勧修寺長吏をへて東寺二長者。権大僧都(ごんのだいそうず)。門下にのち小野三流をたてた増俊,寛信(かんじん),宗意らがいる。保安(ほうあん)2年閏(うるう)5月8日死去。66歳。法名は「げんかく」ともよむ。

厳覚 げんかく

ごんかく

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

厳覚

没年:保安2.閏5.8(1121.6.24)
生年:天喜4(1056)
平安後期の真言宗の僧。源基平の子で,仁和寺の覚意,三井寺の行尊の弟。勧修寺に密教を修学し小野流を究め,のちその長吏および東寺二長者となる。最高位は大僧都。仁海の流れを汲むゆえか,請雨などの霊力に長じていたと伝わる。当時,密教修法は些細な違いをもって分派する傾向が強まりつつあり,厳覚は主な弟子3人に覚信勧修寺流,宗意→安祥寺流,増俊→随心院流をそれぞれ開かせ,真言密教の2大流派のひとつたる小野流の勢力拡大を図った。

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android