コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応徳 オウトク

大辞林 第三版の解説

おうとく【応徳】

年号(1084.2.7~1087.4.7)。永保の後、寛治の前。白河・堀河天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうとく【応徳】

日本の元号(年号)。平安時代の1084年から1087年まで、白河(しらかわ)天皇、堀川(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は永保(えいほう)。次元号は寛治(かんじ)。1084年(永保4年)2月7日改元。964年の康保(こうほう)、1024年の万寿(まんじゅ)に続き、甲子革令(かっしかくれい)を理由に行われた。『白虎通(びゃっこつう)』を出典とする命名。1085年(応徳2)、興福寺僧徒が大和国十市郡で乱暴狼藉を行い、民家を焼く事件が起こった。永保年間以来、こうした僧兵による狼藉が続いていた。1083年(永保3)には、奥州清原氏の清原家衡・武衡と同族の藤原清衡の対立が深まり衝突。この衝突が後三年の役に発展した。1086年(応徳3)、白河天皇が8歳の皇子に譲位(堀河天皇)。退位した白河は太上天皇(上皇)として、幼帝の後見を名目に院政を開始した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

応徳の関連キーワード藤原実兼(1)後拾遺和歌集性信入道親王切金(截金)善子内親王頼豪(1)湯ノ平温泉藤原隆時郁芳門院長洲御厨性信親王藤原実兼清原武衡藤原実政藤原賢子竈門神社藤原通俊藤原公定藤原長実藤原基光

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応徳の関連情報