コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応徳 オウトク

大辞林 第三版の解説

おうとく【応徳】

年号(1084.2.7~1087.4.7)。永保の後、寛治の前。白河・堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうとく【応徳】

日本の元号(年号)。平安時代の1084年から1087年まで、白河(しらかわ)天皇、堀川(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は永保(えいほう)。次元号は寛治(かんじ)。1084年(永保4年)2月7日改元。964年の康保(こうほう)、1024年の万寿(まんじゅ)に続き、甲子革令(かっしかくれい)を理由に行われた。『白虎通(びゃっこつう)』を出典とする命名。1085年(応徳2)、興福寺僧徒が大和国十市郡で乱暴狼藉を行い、民家を焼く事件が起こった。永保年間以来、こうした僧兵による狼藉が続いていた。1083年(永保3)には、奥州清原氏の清原家衡・武衡と同族の藤原清衡の対立が深まり衝突。この衝突が後三年の役に発展した。1086年(応徳3)、白河天皇が8歳の皇子に譲位(堀河天皇)。退位した白河は太上天皇(上皇)として、幼帝の後見を名目に院政を開始した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応徳の関連情報