コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝ちがい ねちがい

家庭医学館の解説

ねちがい【寝ちがい】

 朝、起きたときに、くびの後ろ側か左右どちらかの側が少し動かしても痛くて、くびを動かせないことがあります。不自然な姿勢で寝たときによくおこります。
 睡眠中は筋肉が弛緩(しかん)(ゆるむ)しているので、頭を不自然な方向に曲げていたりすると、くびの筋肉の一部が過度に引き伸ばされておこると考えられます。
 くびや肩の筋肉を押すと痛みます。痛みのおこり方や病歴などから、寝ちがいであることはわかりますが、ほかの病気の有無を確認するため、X線検査や神経学的検査を行なうこともあります。
 寝ちがいは、とくに治療する必要はありません。ふつう数日で痛みは消えます。
 痛みが強い場合には、鎮痛薬や筋弛緩薬を用いたり、温湿布(おんしっぷ)などをすれば治ります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

寝ちがいの関連キーワード頸椎捻挫(むち打ち損傷/過伸展過屈曲症候群)X線検査操体法