コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寰中元志 かんちゅう げんし

1件 の用語解説(寰中元志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寰中元志 かんちゅう-げんし

1346-1428 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)2=正平(しょうへい)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。肥後(熊本県)正観寺の大方元恢(たいほう-げんかい)のもとで出家。元(中国)にわたり,天寧寺楚石梵琦に師事。帰国後,元恢の法をつぎ,正観寺の住持となる。菊池持朝にまねかれて肥後成道寺の開山(かいさん)となった。応永35年3月13日死去。83歳。肥後出身。俗姓は小足。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寰中元志の関連キーワード正長カール[4世]正平貞和後花園天皇称光天皇称光天皇北畠満雅土一揆(つちいっき)0系

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone