コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大方元恢 たいほう げんかい

1件 の用語解説(大方元恢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大方元恢 たいほう-げんかい

?-1368 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)円覚寺の秀山元中に師事してその法をつぎ,のち鎌倉建長寺嵩山居中(すうざん-こちゅう)に師事。懐良(かねよし)親王と菊池武光の帰依(きえ)をえて肥後(熊本県)に正観(しょうかん)寺をひらいた。応安元=正平(しょうへい)23年6月9日死去。肥後出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大方元恢の関連キーワード応安洪武帝長慶天皇後村上天皇正平中国演劇変面

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone