コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺内暢三 てらうち ちょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺内暢三 てらうち-ちょうぞう

1835-1872* 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で斎藤弥九郎に剣をまなぶ。文久2年藩主の世子毛利定弘(のち元徳)の小姓役となり,高杉晋作らの外国人襲撃計画を鎮撫。のち干城隊頭取,藩校明倫館頭人,京都留守居役などをつとめた。明治4年12月6日死去。37歳。本姓国司。名は通健。通称は別に弥三郎,外記。号は潜廬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺内暢三の関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)ライマンベネット三月革命(ドイツ)ゴンブルサ事件ルイス・A. ランヴィエ日本郵便制度史(年表)フランツシャノアーヌ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android