コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺内藤次郎 てらうち とうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺内藤次郎 てらうち-とうじろう

?-1869 幕末-明治時代の武士。
紀伊(きい)和歌山藩士。維新後藩士の禄制廃止,徴兵制の実施などを断行しようとする藩大参事津田出(いずる)の藩政改革に反対したため,明治2年4月9日津田派の遠藤鶴洲(かくしゅう),岡本柳之助らに殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺内藤次郎の関連キーワード藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)実業之日本パーレットハウスホーファービニョンヒルハウスベイティルモアーヌ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android