コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山号 サンゴウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ごう〔‐ガウ〕【山号】

寺院の名前の上に付ける称号。「比叡山延暦寺)」「成田山新勝寺)」などの類。もと、寺は多くに建てられたため、その山の名でよばれたが、のちに平地の寺にも用いるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんごう【山号】

寺名に冠する山の称号。寺院は元来修行・祈願の道場であったから,山中勝地を選んで建立された。中国においては五台山清凉寺,天台山国清寺の例にみられるとおり,その寺の所在の山名を冠して呼ばれた。日本では,飛鳥,藤原,平城京など都城や平地に造建された時代を経て,平安時代に入ると,入唐留学僧の見聞や,天台,真言両宗の寺院が,山中の好地を求めて建立された。例えば延暦寺はもと比叡山寺,金剛峯寺も高野山寺と称したように,寺観整備にいたらぬ山寺は往々にして,山号をもって寺名とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんごう【山号】

寺院の名の上につける別称。初めは寺院の所在地の山名によったが、鎌倉時代以後は平地の寺院にも及び、別称として一般化した。「身延山久遠寺」の「身延山」、「東叡山寛永寺」の「東叡山」の類。 → 寺号じごう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山号
さんごう

寺院名に冠する称号。仏陀(ぶっだ)在世中の霊鷲山(りょうじゅせん)のように、インドや中国では山中に精舎(しょうじゃ)や寺院を設ける伝統があった。中国では山中に建てられた寺院に、その所在を示す山名を付して天台山国清(こくせい)寺、廬山東林(ろざんとうりん)寺のように山名と寺名を連称してよぶようになり、のちに山名がそこに所在する寺院の別称にもなった。日本では、古代には都などの平地に寺院が建てられたので山号はない。平安初期の延暦寺(えんりゃくじ)や金剛峯寺(こんごうぶじ)はその所在地によって比叡山(ひえいざん)、高野山(こうやさん)とよばれたが、後世の山号のように形式的な称号ではなかった。平安末に嵯峨清凉寺(さがせいりょうじ)が五台山と名づけられ、鎌倉時代になって禅宗が中国の五山制度に倣い平地の寺院にも山号を冠するようになり、東山(とうざん)建仁寺、金龍山(きんりゅうざん)浅草寺のように形式的な山号をつけてよぶのが一般的になった。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山号の関連キーワード正灯寺・正燈寺キッコーマン大光普照寺施無畏寺妙法華寺本泉寺普門寺鳳来寺大窪寺鷲山寺高蔵寺藻原寺善導寺瑞鳳寺羽賀寺浄真寺正灯寺竜口寺楽法寺熊谷寺

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山号の関連情報