コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金々先生栄花夢 きんきんせんせいえいがのゆめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金々先生栄花夢
きんきんせんせいえいがのゆめ

黄表紙恋川春町作,画。2冊。安永4 (1775) 年刊。黄表紙の嚆矢。中国の邯鄲 (かんたん) の夢の故事 (『枕中記』) による謡曲『邯鄲』に材をとる。青本の富川吟雪作『浮世栄花枕』 (72) の趣向にならっているが,洒落本風に通言を用い,通人の風俗を描くなどして成人向きの風刺と諧謔をきかせた点で,青本と完全に一線を画した。田舎者の金村屋金兵衛が,ひともうけして栄華を楽しもうと江戸へ向う途中,目黒不動尊の粟餅屋へ立寄り,粟餅ができあがるまでの一睡の夢のなかで金持の商人の跡取りに迎えられ遊びの限りを尽すが,人にだまされて没落する。そこで夢がさめ,人間一生の楽しみも粟餅一臼の間のことだと悟り田舎へ帰る,という話。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんきんせんせいえいがのゆめ〔キンキンセンセイエイグワのゆめ〕【金々先生栄花夢】

黄表紙。2冊。恋川春町画作。安永4年(1775)刊。謡曲「邯鄲(かんたん)」の翻案。金村屋金兵衛が、金持ちの養子になり放蕩三昧(ほうとうざんまい)にふけって勘当される夢を見て、栄華のむなしさに気づき国へ帰る。黄表紙はこの作より始まるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金々先生栄花夢【きんきんせんせいえいがのゆめ】

江戸時代の黄表紙。2冊。恋川春町作・画。1775年刊。田舎者が栄華を望んで江戸に上り,目黒不動尊の粟餅(あわもち)屋で,餅のできる間に栄華の後落ちぶれる夢を見て,無常を悟り,田舎に帰る話。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんきんせんせいえいがのゆめ【金々先生栄花夢】

黄表紙。2冊。恋川春町画作。1775年(安永4)刊。金村屋金兵衛(かなむらやきんぴようえ)という田舎出の若者が,目黒の粟餅屋で休むうちに,富商の養子に迎えられ,金々先生とよばれて遊里で栄華な生活を送るが,悪手代や女郎にだまされて元の姿で追い出される夢を見て,人生を悟るという筋。謡曲《邯鄲(かんたん)》に想を借り,遊里の人物の風俗やしゃれ詞の写実には洒落本《辰巳之園》(1770)や《当世風俗通》(1773)などを借用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金々先生栄花夢
きんきんせんせいえいがのゆめ

黄表紙。2巻2冊。恋川春町(こいかわはるまち)作・画。1775年(安永4)刊。「金々先生」とは当時の流行語で、流行の先端をいく金持ちの粋人を意味する。江戸でひともうけしようとする田舎者(いなかもの)金村屋金兵衛は、目黒不動で名物の粟餅(あわもち)を食べようとし、それができあがるつかのまの夢に、富商の婿となって遊里での栄華を極めるが、遊びがすぎて勘当の身となる顛末(てんまつ)を見、人間一生の楽しみもしょせん粟餅のできあがる間の夢にすぎないと悟る。
 筋立ては、前代の草双紙(くさぞうし)たる青本『浮世栄花枕(うきよえいがのまくら)』などにも先例のある謡曲『邯鄲(かんたん)』によるが、洒落本(しゃれぼん)『辰巳之園(たつみのその)』『当世風俗通(ふうぞくつう)』などの先行作の趣向を巧みに取り入れ、吉原や深川などの江戸の色里を舞台に、当世流行の通(つう)意識のさまざまを斬新(ざんしん)な絵と知的な文とによって活写し、リアルな洒落本の世界をナンセンスな絵本に仕立てることに成功した。赤本以来の草双紙が子供向けであったのを一変させて大人向けの読み物とし、のち黄表紙の鼻祖と評価されるなど、文学史的に大きな意義をもつ。[宇田敏彦]
『浜田義一郎他校注『日本古典文学全集46 黄表紙・川柳・狂歌』(1971・小学館) ▽小池正胤・宇田敏彦他編『江戸の戯作絵本1』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金々先生栄花夢の関連キーワード朋誠堂喜三二鱗形屋孫兵衛江戸時代草双紙

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android